クラチャイダム กระชายดำKra chai dum)とは 

 タイ・ラオスではおなじみのハーブの1種で、原生林のなかに自生しているショウガ科の植物です。タイの主要栽培地は、北東部のルーイ県やペチャブン県で、北部のターク県、ラムパーン県などでも栽培されています。日本では「黒ショウガ」と訳されますが、「黒ウコン」とも呼ばれているようです。タイでは、男性の精力増進、滋養強壮、お腹のはりを解消するハーブ薬として、よく知られています。根をスライスして乾燥し、お茶にしたり、生の根や乾燥させたものを、お酒に漬け込んだりと、タイの伝統的な薬として使用されています。

クラチャイダムは、「モン族」(ルーツは、中国南部のチャン族と言われる)という⼭岳⺠族が中国から持ちこみ、タイのルーイ州のダンサーイ郡とアンナーヘーオ郡で栽培を始めたとされ、彼らの家庭で薬草として使用されていたものが、タイ全土に伝わり、伝統的なハーブの一つとなりました。

民間伝承薬として

 クラチャイダムは高い潜在的能力を持つ薬用植物です。長寿、精力増強、神経系を刺激する、血圧のバランスをとる、血液の循環を良くする、腹痛を抑えるなどの働きがあると言われています。女性では、女性のホルモンのバランスをとることを助け、特に、やせた女性には、蜂蜜とクラチャイダムで作った丸薬を毎日飲むことで、食欲増進、快眠 、健康増進、月経の周期を整えるなどの効果が得られます。さらに、血管拡張作用があり、コレステロールを抑えるほか、糖尿病、高血圧症に効果があると言われ、メタボリックシンドローム対応素材としても注目されています。

◆クラチャイダムの有効成分

  • フラボノイド(flavonoid)が老化の原因となる活性酵素を抑える役目がある。
  • シネオールなどの精油(植物性揮発油)が体内の空気(ガス)を排出する。
  • carboxylic acid phanoleが血液の循環と血糖値を下げる。

◆クラチャイダムに含まれる活性フラボノイド

  • 3,7-dimethoxy-5-hydroxyflavone
  • 5-hydroxy-7-methoxyflavone
  • 5-hydroxy-3,7,4-trimethoxyflavone
  • 7,4-dimethoxy-5-hydroxyflavone  など10種類以上が確認されています。

◆プロダクトチャンピオン

OTOP

「OTOP(One Tambon One Product)」とは、日本語でいう『一村一品運動』のことです。日本の大分県の制度をモデルにして行われ、タイ全土にある食材や伝統技術を使って作る食品や製品を、「OTOP」製品として提供するものです。クラチャイダムを配合したお茶、ワインなどの製品が、OTOP(One Tambon One Products『一村一品運動』)のプロダクトチャンピオン認定されています。(2003年~)

TAPC

タイ王国農業協同組合省認定のプロダクトチャンピオン(2013年)

クラチャイダムの他に、プエラリアミリフィカ、.ブアボーク(ゴツコラ)、.プライ(タイ生姜)、.ルークプラコップ(ハーブボール) の計5種類が認定されています。